あらゆ「快適さを追求

業界初の完全クラウド 3D CAD

onshape

設計現場の
リモートワークを可能に

「快適さ」で選ぶならOnshape

無料 お問い合わせはこちら

全世界で5,000社が導入

ロゴ

設計者を悩ます
従来型 3D CAD の課題

  • 初期コストが高い

    初期コストが高い

    高スペックなPC・データ管理サーバなど初期コストが高額で、なかなか3Dに移行できない。

  • データ管理が煩雑

    データ管理が煩雑

    図面のバージョン管理や承認プロセス管理が原因で効率が悪いが、PDMを導入するのはコスト負担が大きい。

  • ハードウェアの制約

    ハードウェアの制約

    必要スペックを満たしたPCが会社にしか用意されておらず、設計者がテレワーク対応できない。

Onshapeが全て解決

Onshapeが全て解決

Web上で動作するため通常スペックのPCでもスムーズな作業が可能で、内蔵PDMによるデータ自動連携でバージョンの整合性を意識せずに同時作業ができます。さらには大規模アセンブリにも対応するなど、CAD利用者が求めるあらゆる「快適さ」が実現されています。

新しいハードは必要ないので初期コストが抑えられ、オフィス以外からも高セキュリティにアクセスできるテレワーク対応にも最適な3D CADの作業環境を得ることができます。

3の導入メリット

MERIT
01

クラウドなので
初期コストが不要

3D CADを動作させるための高スペックなPC購入、データ管理の効率化に必要なサーバ購入など、様々な初期コストが不要です。
年間契約で「使う分だけのコスト」で利用開始できるため低コストな導入を実現できます。

MERIT
02

データ管理
ストレスから解放

内蔵PDMによってリアルタイムにデータ共有が行われ、バージョンの整合性を意識せずに共同作業できます。
また、複数人で同じデータを編集することも可能になるため、データ管理から解放されて「自分の作業」に集中できます。

MERIT
03

ハードウェアの
制約
が無くなる

Onshapeが用意したクラウドサーバ内で処理が行われ、通常スペックのPCでもスムーズに動作します。
定期アップデート等のハードウェア管理を意識せず、オフィス・自宅・出先など、ネット環境さえあれば簡単にアクセスして作業できます。

設計現場の
リモートワークを可能に

「快適さ」で選ぶならOnshape

無料 お問い合わせはこちら

活用シーン

CASE

データの
バージョン管理から解放

データのバージョン管理から解放

常に最新のデータにアクセスでき、バージョンの不整合がなくなりました。 編集履歴で「誰が・どんな作業をしたのか」も明確になって、いつでも過去の状態に戻せるので安心して作業が進められます。

Zip化した図面データをメール添付で共有したり、ソフトやハードによりデータが壊れるなどの心配から解放されて快適な作業環境が手に入りました。

同時編集で
設計時間が半減

同時編集で設計時間が半減

複数のファイルを横断せず、1ヵ所でまとめて部品を設計することで作業時間が約半分になりました。また、アセンブリの破損を心配せずに変更ができる点も魅力です。

1つのデータに同時アクセスして複数人で共同作業することもでき、他の設計者の進捗を見ながら同時並行で作業できるのも時間短縮のポイントです。

メンテナンスが不要

メンテナンスが不要

これまではCAD利用者の全員にアップデート案内を送っていました。必ずしも徹底されずデータ障害が発生することもありましたが、クラウドならメンテナンス不要なので安心です。

CADがインストールされたPCを1台ずつ管理する手間が省け、設計者からも面倒なメンテナンス作業が減ったと好感触を頂いています。

数字で見る導入企業

DATA

導入企業の業界種別の図

全世界5,000

ものづくりに関わる
様々な業界で
導入

されています。

過去12か月間にOnshapeに切り替えたお客様の
主要業界の内訳。(2020年5月時点)

料金プラン

PRICE

「3Dモデリング、アセンブリ、2D図面、板金モデリング」
などの標準的な3D CAD機能はもちろん、
内蔵PDMによる強力なデータ管理がOnshapeの特徴です。
リアルタイムにデータが連携されて、
共同作業の効率が格段に向上します。

全てのプランが完全クラウドなので、
サーバ不要・通常スペックPCでご利用いただけます。

←→ スワイプですべてのプランを見る

プラン名

Standard

最低限のデータ管理とコラボレーション機能、最新のCADツールを必要とするシングルユーザー向け。

Professional

CAD、リリース管理、データ管理などの製品開発プラットフォームを必要とする中小規模の組織向け。

Enterprise

製品開発ツール、カスタマイズされたワークフロー、役割ベースのアクセス制御、および設計分析を必要とする中規模以上の組織向け。

価格

161,500円(税抜)/年

1ユーザーあたり

226,100円(税抜)/年

1ユーザーあたり

323,000円(税抜)/年

1ユーザーあたり

CAD機能
(部品、アセンブリ、図面、
サーフェス、板金など)

コラボレーション

データ管理
(リリース管理、自動部品番号付け、
カスタムプロパティとメタデータ、
バルクアイテム管理)

承認ワークフロー

カスタム不可 カスタム可能

管理者ツール

一部利用可能

会社固有のドメイン

シングル・サインオン

役割ベースのアクセス制御

プロジェクトベースのレポート

会社単位での契約/請求管理

導入までの流れ

FLOW

ご契約から5営業日以内に利用開始が可能です。
操作手順にご不安がある場合には、
動画教材・オンライン通話による基本講習など
様々なサポートをご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。

STEP 01

お問い合わせ

STEP 02

打ち合わせ

STEP 03

お見積

STEP 04

ご契約

STEP 05

利用開始

セミナー・デモ参加
無償版のお試し

安心の
導入サポート

動画教材
講習会

アフターサポート
も充実

  • ・メール、電話サポート、リモートサポート
  • ・チャットボットによるQ&A対応
  • ・最新情報のお知らせ

設計現場の
リモートワークを可能に

「快適さ」で選ぶならOnshape

無料 お問い合わせはこちら

よくある質問

FAQ

掲載のないご質問は
「お問い合わせ」よりご連絡ください

Q.1

月額の支払いは可能ですか?

いいえ、Onshapeは全て年間サブスクリプション契約となります。

Q.2

複数のプランを混ぜて
運用することはできますか?

StandardやProfessional、Enterpriseの複数のライセンスプランを併用して利用することはできません。
ただし、Enterpriseには「ライトユーザー」と「フルユーザー」が用意されておりますが、この2つは混ぜてご利用いただくことが可能です。

Q.3

ユーザに対して個別に
権限設定することは可能ですか?

Onshapeではデータはプロジェクト単位で管理され、プロジェクトごとにアクセス権限、ワークフローの承認、エクスポートなどの権限等を個別に役割単位で設定可能です。

Q.4

推奨のブラウザーはありますか?

Chrome,Microsoft Edge,Mozilla Firefox,Opera,Safariをサポートしています。

Q.5

データ保存容量の上限はありますか?

上限はありません。

Q.6

データはどのように保存されますか?

データはクラウド上に自動で保存・管理されます。ローカルには保存されず、キャッシュデータも残りません。

Q.7

購入前に有償版の
Onshapeを試すことはできますか?

はい、Professionalの14日間の試用版が利用可能です。お問い合わせから試用版の利用希望の旨をご連絡ください。

Q.8

対応ファイル形式を教えてください

《インポート》
・Parasolid(.x_tもしくは.x_b)・ACIS(.sat)・STEP(.stpもしくは.step)・IGES(.igsもしくは.iges)・Creo Parametric ・CATIA v4・CATIA v5・CATIA v6・SOLIDWORKS・NX・Solid Edge(.parもしくは.psm) ・Inventor・Rhino・JT(.jt)・STL(.stl)(閲覧のみ)・OBJ(.obj)(閲覧のみ)

《エクスポート》
・Parasolid B-rep(.x_tもしくは.x_b)・ACIS(.sat)・STEP(.step)・IGES(.igsもしくは.iges) ・SOLIDWORKS・Rhino(.3bm)・STL(.stl)(閲覧のみ)・GLTF・Collada(.dae)

より詳細なバージョンについて知りたい方はこちらよりお問い合わせください。

Q.9

もっとOnshapeについて
詳しく知りたい

より細かなFAQや製品資料を公開しておりますので、資料請求をご希望の方はこちらよりお問い合わせください。

無料 お問い合わせはこちら